スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人の気持ちをカエル店:第1話

 世の中うまくいかない。自分がどれだけ頑張っても報われない。別にお金とか物がほしいって訳じゃないんだ。…いやごめん、ウソ。あった方がいいよ。うん。ただ、「よくやったな」とか、そこまでいかないにしても「次につながるから引き続きがんばりなさい」とかやる気になることを言ってくれればいいのになにもなしだよ?まだ文句を言ってくれる方がましだよ。ほんと世の中うまくいかない。

 自分は高校2年生で物理部と美術部を掛け持ちしてる割といそがしい学生だ。なら掛け持ちなんてするなと言われるが…まあそのとおりだろう。どちらも好きで入ったんだから「割といそがしい」なんて言うべきではなかったね。反省。

 でもまあいそがしいのは確かで物理部も美術部もきびしい先生が顧問で毎日てんてこ舞いしてるんだ。いやね、厳しいけど自分の実力になってる。けど、自分の成果を出しても「ここ治して、こうしたらいいんじゃないか」という指導は無く、出来がわるかったら「やり直し」、合格点だったら「次これをやって」と言うだけ…

…それでも実力になっているから不思議。
まるで伝統工芸を師匠が作るのをまねて一人前になる弟子のような感覚。実に不思議…


続話:人の気持ちをカエル店(第2話)
スポンサーサイト

ロボットはどこへ向かうのか

最近では人間そっくりのロボットが開発されているそうです(以下にそのリンクがあります)。もちろん2足歩行をするほとにはいたりませんが、ものすごく精巧に出来ています。しかし、いややはりと言うべきでしょうか、精巧に出来過ぎてちょっとの不自然さがものすごく恐いです。人間は精巧に似せようとすればするほど、敏感になってその動きなどに不自然なところはないかと探してしまう、期待してしまうということなのでしょうか。

http://www.kokoro-dreams.co.jp/movie/movie13.html

宇宙物理学の最先端

エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する エレガントな宇宙―超ひも理論がすべてを解明する
ブライアン グリーン (2001/12)
草思社
この商品の詳細を見る

宇宙の深淵なる世界を数式で解いた時、物理学者は美しいと感じるそうです。それは教養で知る私たちには無い物理学者だからこそ得られる感覚なのかも知れません。この本では、私たちでもその感動の一片に触れる事が出来ます。物理学者が歩んできた道、理論、また超ひも理論のおどろくべき発見の経緯がよくわかるように書かれています。

ワイルドライフ

ワイルドライフ VOLUME17 (17) ワイルドライフ VOLUME17 (17)
藤崎 聖人 (2006/04/18)
小学館
この商品の詳細を見る

 獣医を題材にした漫画は医者を題材にした漫画より数は少ないけど、どれも面白いのでもれなく買って読んでます。一時期、獣医になってみたいな~と思って勉強していましたが挫折しました。結局、「なってみたいな~」というレベルの夢だったのかもしれません。
 漫画にしてはすごく現実の獣医界の話題が盛りだくさんなので、なるほどと思いながら、時には読み返したりしています。ときどき、人畜共通感染症や犬の飼い方など実際の生活でも役に立つ話題もあって読み返し安いと思います。

廃墟

廃墟の歩き方 探索篇 廃墟の歩き方 探索篇
栗原 亨 (2002/05)
イーストプレス
この商品の詳細を見る


 廃墟と聞くと心霊スポットをすぐに連想するが、それは夜に入るからであって、探索する人は夜は足下が見えないし、危険なガラスの破片や危険な障害物があるので、昼間に行くようである。その時に撮る廃墟の写真はたしかに心霊スポットとしての恐さがあるが、なにかものがなしい気持ちが先に出てくる。
 先に行っておきたいことは、私は心霊的なものは非常に苦手であると言うことである。それでも廃墟に興味が惹かれる一つは、私たちが暮らす時間感覚がすごく早いんだなと強く実感出来るからである。廃墟はそれぞれ人的要因と立地環境の違いにもよるが、建物も生活感から思い出の断片もゆっくりと荒廃していく。まるで、その空間だけがまるで時間が止まったかのようにひっそりと静まり返っているのである。今の時間感覚が言ってしまえば、非自然的であることが実感できて、廃墟からゆっくりと流れる時間を大切にしなければと切に思ってしまう。
 廃墟に興味が惹かれるもう一つの理由は、手を加えるなどしない限り,建物に限らす全てのモノはやがて朽ちていくことが廃墟から理解出来る事である。人工物は自然によって朽ちて行く、私たちの
営みはその弱さを理解しながらも懸命に維持する努力よって成り立っている。そんな当たり前の事であるが、きっと私たちの時間感覚では忘れてしまうから、こういった廃墟を見ることで再確認する事は非常に大切ではないかと個人的にはそう思った。
 上掲にある本の紹介リンクは廃墟に興味を持つきっかけになった本で、島全てが廃墟の通称「軍艦島」、炭坑の廃墟で町民の生活空間に不思議と溶け込んでいる「志免炭坑鉱堅抗櫓跡」など全国の有名な廃墟の写真が載っているのでぜひ興味を持った方は読んでほしい。

ラブロマから

20060812220413
模写しても、この低描写力…精進です。
ヒロインの肩が凄い…男の様。目も少し怖いです。

セキレイ

セキレイ 3 (3) セキレイ 3 (3)
極楽院 櫻子 (2006/05/25)
スクウェア・エニックス

この商品の詳細を見る


絵がきれいなのに惹かれて買いました。もう三巻目も買ってしまいました。物語の真相といいますか、その部分がまだまだ見えてこず、主人公らは比較的のんびりしてます。‥読み進めるごとに戦いの面出てきたのにいいのだろうかと思ってしまいます。まあそれで楽しんでしまってますけどね。今後の展開が気になります。

携帯電話とiPodの融合

日本では、ソフトバングなど携帯電話とiPodの融合の話が出てはいても実際の製品化の見通しはまったくありません。しかし、アメリカではすでに製品化されてます。(http://www.cingularsleek.com/) まあiPodを作るアップルがアメリカだからと言うことでもあるのでしょうけど‥
私は携帯はauでパソコンはMacで、もちろんHDDプレイヤーはiPodを使っています。両方とも好きで、この会社同士でなにかおもしろいことしてくれないかな~と思っていたのですが、auがアップルに対抗するように LISTEN MOBILE SERVICE、通称「LISMO!」があってなかなか難しそうです。auは東芝でHDDを搭載したW41Tを出しているところから見ても、すぐにiPod nanoと同程度のスペックを兼ねることができますし、結構相性いいと思うのにと考えてしまいます。

犬は繊細な生き物

私はBE-PALのair BE-PALというメルマガを愛読しているんですが、その日々送られてくる記事で動物の話があったので話したいと思います。
 気になったのは愛犬の介護と飼い方に変化が出てきたと言う話です。「たとえばエサ。食感のある食餌を与えて歯ごたえや舌ざわり、口に入れたときの感覚を楽しむこと」こういったことも食餌の役割だそうです。そういえば飼い犬に与えるエサに食感を与えられるものなんてあげていただろうか…
 また、老いた犬が精神的に不安定になってくるそうです。年をとれば犬も動くのが億劫になり、そして動かなくなってきた自分の体にジレンマを感じたり、不安になったりする…
「ああ、今さらながら、犬ってなんて繊細は生き物なんだろう。」記事にそう書いてあって、とても胸が締め付けられました。犬と人間は長年の付き合いなのに、全然分かってなかったんですね。
「こんな鈍感な生物ですが、仲良くよろしく…」
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
05 07
Wellcom!
現在の閲覧者数:
FC2 Counter
Profile

阿川春継

Author:阿川春継
ここでは自分の興味関心に徹底して追求していくブログです!HPもしていますが今年度中の更新は出来ませんので、こちらのブログの方をメインということでお願いします。今年度はできるだけ休まず更新します…できるだけね……(2007/04/14:現在)

一応以下バナーから!

Classified List
Coment
TruckBack
Tree Link
管理者ページ
Friend Form

この人とブロともになる

Mail Form

名前:
メール:
件名:
本文:

FC2 Blog Ranking

FC2ブログランキング

応援御願いします(バナークリック)!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。